無題

色々考えた。具合が悪くなるくらい悩んだし憎んだ。でももう疲れた。少しだけ期待してしまってた自分、お疲れ様、そして御愁傷様。もうあの人は戻ってきません。新しい幸せの中にいて私のことなんか忘れてしまってるから。私ももう忘れよう。過去はなかったことに。前を向いて自分が幸せになるために。忘れよう。さよなら大好きだった人。歩き出さなきゃ。今目の前にいる人を、私を好きでいてくれる人を大切にしなきゃ。さようなら。さようなら。さようなら。

14cmになりました

嘘つき野郎は今日も幸せそうです


子供は愛せない

堕ろしたい

子供が生まれたらすぐ離婚できる

子供は抱っこしてない

子供の名前なんて考えてない


全部嘘

全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部全部





嘘つき



迎えにきてくれると思ったのに



許さない

恋が着せ、愛が脱がせる。

f:id:sanctusm:20170206211559j:image

ふと目に止まった、伊勢丹のキャッチコピー。

はっ、として、思わずマウスをスクロールする指が静かに止まった。

恋が着せる、

恋をしたことのある女の子なら、誰しも経験があるだろう。

「あの人は、どんな服が好きなのかな?」

姿見の前で服をとっかえひっかえ、 ああでもないこうでもないと、クローゼットから洋服を引っ張り出しては1人で夜な夜なファッションショーをする。
床に無造作にワンピースやスカートが散らかり始めたころ、やっと「これだ!」と、とっておきの勝負服が決まる。
散らかった部屋もなんのその、鏡の前でくるんとターンして、にっこり微笑む。

最強にかわいい私。 明日は決戦(デート)だ。

大好きなあの人のために、今まで史上「最高に可愛い私」に武装するための、ひとつの手段なのだ。




愛が脱がせる、


恋をして、いつか女の子は大人になる。

大好きなひとと結ばれるために、いつか服を脱ぐときが来る。

恋が愛となった今、2人を隔てるものは何一つないのだから。

女の子は服を脱ぐことで、愛を知るのだ。



「恋が着せ、愛が脱がせる」。



たった数文字なのに、恋をしたことのある女子ならダイレクトに胸に響くキャッチコピーなのではないだろうか。

好きな人のために、服を着る。 愛しているから、服を脱ぐ。 (ここには、「愛」がなければ脱がないわよ、という強い信念も感じる。)

恋と愛は似て非なるもの。

このキャッチコピーを目にしてから、 初めて彼が私を抱いた夜のことを何度も反芻してしまう。

ワンピースのボタンを襟元から少しずつ外していく彼の手を見つめ、緊張と恥じらいで息もできなかった瞬間。全てを露わにしたとき、彼がやさしく「綺麗だよ」と抱きしめてくれた瞬間。


まさしく恋が、愛に変わった瞬間。